お部屋が広く感じられる!注文住宅を建てるならスキップフロアを活用しよう!

流行中のスキップフロアとは?

注文住宅を建てる人々から、スキップフロアと呼ばれる間取りの人気が高まっています。スキップフロアとは各階の中間に別のフロアを設ける工法のことで、高低差を生かしたお部屋作りをすることが可能になります。そんなスキップフロアを使えばひとつの住宅の中に何層ものフロアを作ることが出来るので、限られたスペースを最大限有効に活用することが出来るでしょう。お部屋をなるべく広く使いたいという人は、スキップフロアの導入を検討してみると良いかもしれません。

スキップフロアを活用するメリット

住宅を広く使うことが出来るスキップフロアには、他にもたくさんのメリットがあります。そのうちのひとつが「個性的」であるという点です。スキップフロアを活用した間取りは一般の住宅には珍しいので、他の人とは被らないお部屋作りをすることが出来ます。また、スキップフロアのある住宅は壁が少なく、見た目がオシャレに見えるという利点も持ち合わせています。個性豊かな住宅を作りたいと思っているのなら、スキップフロアはぜひとも活用したい工法だと言えるでしょう。

スキップフロアにもデメリットはある!

実はスキップフロアには少しだけデメリットがあります。その中でも特に注意しておきたいのが「階段」が多くなるという難点です。スキップフロアは中階層を取り入れることになるので、どうしても階段が増えてしまいます。小さな子どもがいるような家庭だと、子どもが階段で転んで怪我をしてしまうリスクが高まるかもしれません。また、階段が多いので家具のような大きなアイテムの持ち運びが不便になるとも言われています。スキップフロアを導入する際には、階段が増えることによって生活にどのような影響が出るのかを事前に考えておく必要があるでしょう。

横浜の注文住宅を購入するには、まず横浜で展開している住宅メーカーやイベント情報を収集します。いくつか候補を見つけたら、直接住宅メーカーや展示会場へ行って、注文住宅の特徴や建築事例を確認します。