住宅の設計には注意が必要!?収納と動線を意識しよう

理想の間取りを考えてから

注文住宅の設計をする際には、様々なことを考える必要があります。設計の知識がなければ、実現不可能な設計をしてしまうこともありますが、それは後々業者の専門家と相談すればよいので、まずは理想の間取りを考えるとよいでしょう。マイホームに取り入れたい間取りは家族でそれぞれ違うので、その候補をあげていき、理想の間取りをとりあえず挙げていくと家の全体像が見えてきます。

導線を意識しなければ生活しにくい

理想の家というものはありますが、理想だけでは生活しにくい間取りの家となってしまうことがままあります。そのため、生活のしやすさを意識した間取りを考えることが重要です。生活のしやすさは、生活動線を確保できているかどうかによって大きく変わります。生活動線とは、生活するうえで動く道筋のようなもので、無駄な導線が多いと、ストレスが溜まります。時系列順、そして家族によって生活動線は変わるものなので、ある程度シミュレーションしてみるとよいです。また、家事動線も考えると、家事における無駄な作業がなくなるので、過ごしやすくなります。

収納がないとすっきりしない

生活動線や家事動線を確保しつつ、かつすっきりとおしゃれな家を実現したい場合には、収納スペースをしっかりと設計することが必要です。収納スペースは、注文住宅を設計するうえで忘れやすいものの一つとして知られています。収納スペースがないと、物をしまうスペースが少なくなるので、家のあちこちに物が置かれることとなり、生活動線を確保することが難しくなります。家のあちこちに物が置かれていると、家がごちゃごちゃしてすっきりしません。そのため、収納スペースをしっかりと確保することが重要です。

神奈川の注文住宅の建築実例を調べるとたくさん出てきます。親身になって一緒に作りあげてくれるハウスメーカーや工務店を、神奈川でぜひ探してみましょう。