間取りの決め方で押さえておきたいポイントとは?

家族で話し合って優先順位を決めよう

注文住宅を建築する際には様々なことを決める必要がありますが、その中でも特に重要なのが間取りをどうするかです。間取りの組み方によってはとても窮屈だったり不便な家になるので、間取りについてはじっくりと時間をかけて決めるようにしましょう。間取りを決める際に必ず実行してほしいのが家族での話し合いです。家族一人一人理想としている家は違います。他の家族も自分と同じ希望だろうと思い込んで勝手に計画を進めていくと、大きなトラブルの元となります。実際に注文住宅を建てる前には、家族全員にどんな家にしたいかを聞いておきましょう。ただしすべてを実現することは難しいです。家族全員に希望を出してもらった後で話し合い、優先順位を決めておくと良いでしょう。

動線を意識した間取り

住みやすい家にするためには、動線を意識した間取りづくりがとても大切になります。動線にはいろいろな種類がありますが、特に重要視しておいてほしいのが家事動線です。家族の中で最もし室内を動き回ることになるのが家事を担当する人なので、スムーズに家事が行えるような間取り設計を心掛けると、ストレスなく毎日の家事をこなすことが出来ます。例えば、買い物から帰ってきて、食材をすぐにしまえるように、玄関からキッチンまでを一直線にしておけば大幅に負担が減ります。また家事の中でも特に重労働なのが洗濯なので、洗濯が終わった後の衣類をすぐにベランダに干せるような間取り設計をしておくのもおすすめです。

愛知の注文住宅は最新の技術が取り入れられています。耐震性の高い構造や耐久性の高い塗料や建築資材の採用などがあります。設計担当者から建物の特徴について情報収集することがポイントです。